2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.05.10 (Sun)

韓国「図面だけあれば潜水艦作れる!!」 独「大丈夫?」→案の定軸の異音・ボルトの緩みなど問題続出


http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-20267.html

1 :リバースネックブリーカー(静岡県)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 01:40:38.39 ID:nMQNL5Uj0.net
韓国では対北朝鮮をにらみ潜水艦の建造に力を入れているが、実はその「技術」「人員」の両面で“お寒い事情”にあることが韓国メディアの報道で分かってきた。

韓国の潜水艦は、ドイツの独HDW社が設計した「214級」(約1800トン)をライセンス生産という形で建造、運用している。18年までに計9隻を建造する計画で、1番艦の「孫元一」は2006年に進水し、現在4番艦まで完成している。しかし厳密に言えば、一隻も“完成していない”ともいえる状態だ。

朝鮮日報(電子版)など現地マスコミによると、試験的に運用したところ、スクリュー軸からHDW社の設計値を上回る騒音が発生した。敵艦からすれば、スクリューや動力の音は重要な探知材料となり、潜水艦にとっては致命的。このため推進軸を交換するという大がかりな修理を行った。それでも騒音は収まらず、実戦運用どころか近海を試験走行するだけだった。

11年4月、再び修理に入ったものの解決方法が見つからず、結局20カ月以上もの間、工場内で放置されていたことが明らかになった。

1番艦は、航海中にボルトが緩む事故が06から09年までの間に6回発生。さらにボルトが折れたり緩んだりする事故が2年間に2番艦で6回、3番艦で3回発生。原因は当初、韓国製のボルトの強度不足とされたが、ボルトを本家ドイツのHDW社の規格に沿う物と交換しても「自然に緩む」という不可解な状況が解決できなかった。

結局、韓国の技術者では問題を解決できず、ドイツHDW社の技術者が韓国へ出向いて調査。その結果、欠陥はボルトだけでなく、接続部本体の強度も不足していたことが判明。半年以上かけて金属板で周囲の補強を行い、ようやく解決したという。

潜水艦の製造には特殊な超高張力鋼板を用いるが、この鋼板は加工が難しく、特に溶接の際に発生する熱の影響や残留応力で生じる問題の解決には綿密なノウハウが必要。設計図があれば作れるといった単純なものではなかったのだ。

http://www.sankei.com/west/news/150429/wst1504290009-n1.html

5 :エルボードロップ(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 01:45:32.57 ID:OorMHpt00.net
日本の設計図だったら、日本のせいとかいってたんだろうな。


11 :ウエスタンラリアット(大阪府)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 01:47:19.19 ID:aVUA8Z4d0.net
スリル満点だな


22 :フライングニールキック(福岡県)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 01:55:19.46 ID:2H6GcLfK0.net
あいつら、潜水艦輸出するとか言ってなかったっけ?


25 :ストレッチプラム(大阪府)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 01:57:32.10 ID:erSoq+ZL0.net
作れるだろう
浮上できない可能性があるくらいで


80 :セントーン(関西・北陸)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 03:46:35.78 ID:PUw39Tv+O.net
ライセンス生産してる事に一番驚いた。
今回は安く買ってきて分解しなかったんだね。


117 :バズソーキック(香川県)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 05:26:34.62 ID:+148JGKD0.net
ボルトの締め方一つ取ってもコツがある。
溶接だって縮みや歪み方の特性を理解してやらんと出来ない。
何事も基礎が大事なのだ。
組み方の順序も考えて進めていかないと駄目だ。

あの国に出来るとは思えんがな…



122 :ジャストフェイスロック(dion軍)@\(^o^)/:2015/04/30(木) 05:38:47.43 ID:dxsY8n6q0.net
一旦就航したら永遠に浮上しないんだから、
まさに潜水艦。

09:09  |  韓国/ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/2968-9769445f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |