2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.03.06 (Sun)

韓国人「なぜ韓国では詐欺が多いのか…」「前科5犯」普通。軽い処罰「詐欺共和国」

2016.01.28 09:15|カテゴリ:社会| コメント(50)
「詐欺犯罪、このままではいけない」連続特集も今日は最後の手順でほぼ同じ水準の国々のうちでも、韓国だけが、なぜこんなに詐欺犯罪が減らずにいるのか、総合的に診断し、その対策を考えて見ます。

[記者]

大統領統治資金を管理すると嘘をついては、警察に逮捕された詐欺師たちです。
お金を預ければ一日に4倍を増やしてあげると言って、5千万ウォンを受け取って横領しました。

イさん(被害者)
「『地検長も後輩だ、どこの監査にいた。某党代表をした方も後輩だ』と言ったら皆信じませんか?」

詐欺犯罪といえば思い浮かぶのが、まさにこのような権力層だと詐称する詐欺です。
手法が荒唐無稽でも騙される被害者が依然として多いのは、権力の「見えない力」がまだも通じるという話です。

グヮク・デギョン/教授、東国大学警察行政学科
「大きな権力を持っている人たちがしている仕事なら、はるかに大きな収益を得られるだろうという期待を持たせるんです」

経済が不況であればあるほど、詐欺犯罪は好況という話もあります。
長引く景気低迷の中に経済的な困難と現実に対する不満が利益を煽る詐欺犯罪の増加につながっているという意味です。
ここに法的制度よりも私的契約など人間関係を重視する韓国民族特有の認定の文化も詐欺犯罪が絶えない理由とされます。
詐欺に対する処罰がとても弱いのも問題です。
詐欺金額1億ウォン未満は最高懲役1年6月を超えず、3億ウォン以上も6年から10年と決まっていて、詐欺犯罪の性格は大きく考慮されません。

イム・イサク弁護士
「実際に組織的詐欺犯罪の場合にも軽微な処罰ばかりを受けて終わるケースが頻繁に発生しています」

処罰が弱く、一度詐欺を働いた人は、詐欺行為を繰り広げることになります。2014年、詐欺犯罪は前科5犯以上の比率が55%で、窃盗や暴行よりも更に高かったです。

権力を通じて、汗水をたらさなくても簡単にお金を稼ぐことができるという幻想が存在する社会雰囲気、そして詐欺師に対するなまぬるい処罰が変わらない限り、大韓民国は「詐欺共和国」の汚名から抜け出すことが難しいそうです。


SBS
http://goo.gl/3Yskmh
http://kankokunohannou.org/blog-entry-4152.html


何処かの韓国人1
詐欺師を国から居なくさせようとも無理だろうね。
詐欺を働いても罰が少ない。だからこの国の全国民が詐欺師化されるように出来ているんだ


何処かの韓国人8
国家権力そのものが財閥と特権層の利権事業の道具に転落した国なのに、財閥家族を虐殺せずに、大統領、卑国議員、長官、高位公務員、自治体長、地方議員などを詐欺犯で処罰できない野蛮国なのに誰を詐欺罪で処罰するというのか?



何処かの韓国人12
韓国国民は情が厚く信じやすいので詐欺師に掛りやすい。
それと同じく国家間でも韓国人は正直者で疑わないのでいつも日本や中国に後頭部を叩かれる。



何処かの韓国人14
日本のように幼い頃から他人に迷惑をかけてはならないという教育をしなければならないが、わが国の親たちは手段と方法を問わず、無条件に1等になければならないと教えている。
母親たちは娘に「あんたはお金持ちの男を捕まえなくてはならない」と教える。
人生教育がこうだから、詐欺師が溢れているのだ

何処かの韓国人15
韓国は上層部に行くほど詐欺師だしね。



「信じやすい」は、交流サイトで韓国人に言われた事があります。
「素直だから、学校の先生やテレビが嘘を言うなんて思わない。」
「田舎の人のような純朴さ」と表現してました。

台湾は局が多いし中国寄り報道も多いので「テレビの言う事信じてるの?」って反応で、新鮮だったのを覚えてます。
むしろ日本人の方が台湾人よりテレビとか信じてますよね‥。


08:08  |  韓国/ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3278-b832b61b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |