2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.03 (Fri)

加藤前ソウル支局長が講演 韓国との付き合い方について「理由なく謝れと言われたりカネを払えと言われたら、粛々と無視する。」

http://www.wara2ch.com/archives/8571600.html
2016年05月02日11:04
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 22:59:47.93 ID:CAP_USER.net

「韓国は二重基準の国」と話す加藤達也・産経新聞前ソウル支局長=静岡市清水区の清水テルサ

 「静岡『正論』友の会」の第12回講演会が先月29日、加藤達也・産経新聞前ソウル支局長を講師に招いて静岡市清水区の「清水テルサ」で開かれた。

 執筆したコラムで韓国の朴槿恵大統領の名誉を毀損(きそん)したとして起訴され、約8カ月の出国禁止措置の後に“無罪”となった加藤氏は、「朴槿恵政権との500日戦争 青瓦台を追い詰めた特派員」と題して講演。
検察が特派員訴追という暴挙に出た背景や法廷でのやりとり、韓国側の水面下の動きなどについて熱弁をふるった。

 加藤氏は冒頭、「確かに孤独感はあったが、会社が私を守ると宣言してくれた。紙面には読者の皆さんから励ましの声が寄せられており、孤独感は吹き飛んだ」と、読者からの支援に謝意を表明。
公判前には毎回、弁護団と対策会議が開かれ、「一切妥協しない」という社の方針が伝えられていたといい、「情報がしっかり提供され、チームワークよく、方針がぶれなかったこと」が裁判の“勝因”だったと振り返った。

 もちろん、韓国側からの圧力もあった。
目的は記事を取り下げて謝罪させること。「一言、遺憾だと言ってくれないか」と懐柔されたりもしたという。

 加藤氏は、異例の経過をたどった裁判について「韓国は2つの大きな負けを喫した。
一つは私の出国禁止を解除せざるを得なかったこと、もう一つは一時は私を有罪にしようとしたが、できなかったことだ」と指摘。

同国との付き合い方について「理由なく謝れと言われたりカネを払えと言われたら、粛々と無視する。すると相手が勝手に自壊するので、それから付き合うのが正しい」と訴えると、会場からは大きな拍手が湧き起こっていた。

http://www.sankei.com/world/news/160501/wor1605010015-n1.html

引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1462111187/


3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:01:07.71 ID:eJfHT2gt.net
>>1 粛々と無視する。

素晴らしいw


6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:02:26.99 ID:U3tuUbv8.net
経験談は違うねェ


11: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:03:50.45 ID:U3tuUbv8.net
> 粛々と無視する。すると相手が勝手に自壊する

AIIBが正にこのパターンだな。
慰安婦合意についても近い流れになってきたw


30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:11:13.73 ID:GB+0fhAz.net
>粛々と無視する

これダメだろ、朝鮮人の思考だと
「反論できずに絶句してるニダ!」になるから
さらに増長するだけ


257: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/02(月) 09:35:14.07 ID:3gwXuk37.net
>>30
うん
ここは相手よりも大きな声で反論するのが正しいな
この時に反論内容が正しいとか関係無い、とにかく大きな声で相手を制するのが正しい


32: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:12:16.15 ID:2+sa5oZ6.net
殴り飛ばすのは駄目なの?

57: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/05/01(日) 23:23:43.41 ID:A+8CDioC.net
>>32
現代においてはダメだね。
まさに「被害者」ビジネスに嵌まることになる。



08:08  |  韓国/ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3366-47c3d29f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |