2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.11.14 (Mon)

”中国の最新鋭車両”が『実は半世紀前の日本と同等だった』と中国人仰天。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50489167.html
2016年10月22日12:32
1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:47:51.11 ID:CAP_USER.net

2016年10月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に日本で撮影されたある動画が投稿され、話題になっている。

動画のタイトルは「日本の懸垂式モノレール、落下しないか本当に心配」というもので、日本のあちこちで撮影した懸垂式モノレールが映っている。「懸垂式」とは車体がぶら下がった状態で運行するタイプを指し、車両の下にあるレールにまたがった状態で運行するのが「跨座式」と呼ばれる。

動画には、交通量の多い道路の上空数メートルのところを走る様子も映っていて、なじみのない人は若干の不安を抱くかもしれない。
中国では今年9月、中国中車南京浦鎮車輌有限公司によって国内初となる懸垂式モノレールが誕生。
「日本とドイツに続き、世界で3番目に懸垂式モノレールが製造可能な国になった」と報じられるなど、注目を集めていた。

この動画に対して、ネットユーザーからは

「日本製なら落ちるはずがない。もし中国製ならわからないけどね」
「日本の技術は世界一流だよ」
「多くの国がまねしようと思ってもまねできない国、それが日本」など、日本の技術力の高さをたたえるコメントのほか、

「中国が研究開発していると聞いた時には世界最先端のものかと思ったけど、日本にはとっくにあったのかよ!」
「ニュースで大々的にやってたから中国が世界初かと思った。だまされた」と悔しがるコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)

http://www.recordchina.co.jp/a153102.html



3:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:49:53.03 ID:nVVLWG0t.net
懸垂式ってどこで走ってるの?
見た事無いや


18:61式戦車 ◆4G.kH07EZY @\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:57:23.19 ID:GHd+Bt3Y.net
>>3
神奈川なら湘南モノレール。
高所恐怖症の嫁さんは乗りたがらないけど結構早い。


8:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:51:36.36 ID:Tp9c26K/.net
ヨーロピアンのどっかの国が最初じゃなかったかな


101:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/21(金) 18:35:59.51 ID:o7z8Ewrb.net
>>8
パリ万国博覧会が最初だっけ?


13:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:54:23.01 ID:EhpjWQen.net
この方式ってどんな利点があるんだ。
普通にレールの上走らせた方がいいと思うんだけど。


21:かなり面倒@量産型兵@\(^o^)/:2016/10/21(金) 17:58:07.68 ID:nb8bo6Uh.net
>>13
設備費とかが安いらしい
欠点はトラブルとかでの避難がしにくいこと


241:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/22(土) 06:35:05.31 ID:AVzcprxc.net
>>13
雪の日は最強。
意外と風にも強い
ぶら下がっているから受け流すのかな
揺れるけど止まらない。


49:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/10/21(金) 18:10:23.67 ID:aeDpGwH+.net
懸垂式モノレールってドイツが100年以上前に、日本でも戦後まもなく作られてるじゃん


14:15  |  中国  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3544-4a83ea37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |