2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.02.09 (Thu)

朝日新聞の糾弾社説

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50494043.html
2017年02月02日12:32
『特大ブーメランに変貌して』逆襲を喰らった模様。確実に逃げる!との見解が相次ぐ

1:アブナイおっさん ★@\(^o^)/:2017/01/30(月) 11:49:21.34 ID:CAP_USER9.net

朝日新聞が1月28日に社説で「ニュース女子」を厳しく批判する社説を掲載したことについて、ケント・ギルバート氏がTwitterで公開討論を求めています

ケント・ギルバート氏は1月29日深夜、「朝日新聞の主張に全く納得できないので、公開討論を希望します。まさか逃げませんよね?」として問題の社説「『偏見』番組 放送の責任わきまえよ」へのリンクを紹介しています。

社説は1月28日に公開されるとネットですぐに話題となり、「責任わきまえよ」「見過ごせない問題」「開き直りというほかない」などと主張した朝日新聞に対しては慰安婦報道問題を念頭に「ブーメラン」などと揶揄する声が飛び交っていたもの

ケント・ギルバート氏は1月2日の「ニュース女子」について1月下旬にzakzak誌上で取り上げ、同番組に対し相次いでいる反論に疑問を呈し「私自身が現地で見たり、沖縄に住む友人たちから聞いた話とは食い違う」などと語るとともに沖縄の米軍基地を「排除したい国はどこなのか。聞く方が野暮である」と背後の勢力について匂わせるコメントでコラムを締めていました。

朝日新聞の社説は文末で「対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない」と強い口調で「ニュース女子」を批判しているため、公開討論が行われればこの辺りが明らかになって欲しいと考える人は少なくないようです。

ケント氏のTwitterには数多くの応援メッセージが寄せられており、朝日新聞に対して自社の社説に関する公開討論を受けるべきだとの声が相次いでいます。

http://www.buzznews.jp/?p=2105733

関連スレ
【朝日新聞社説】「偏見」番組 放送の責任わきまえよ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485690649/

4:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 11:51:41.58 ID:cPTYz1sO0.net
正論きたああああああああああ


6:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 11:52:18.77 ID:ava34MiG0.net
元々サンデーモーニングに出るほどの左よりだったが朝日の捏造で目覚めた


287:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 12:51:31.43 ID:w2TMx3AE0.net
>>6
ちがう。三桂(関口の事務所)と巨泉事務所から仕事のオファーがなくなったから


732:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 19:22:21.46 ID:4s3rWL6Z0.net
>>6
違うよ。ケントがTVで言ってた。

昔は保守的な人間も出演して、中立を演出してたが、ある時を境に、保守的な人間は一切招かれなくなったとさ。

保守的なコメントや張本に逆らうコメントをしたら永久に呼ばれなくなるのは有名な話。

ベトナム戦争に韓国軍の慰安所があった事実をつきとめた記者に対して
 ・記者が事実の報道を求めるも却下
 ・報道しないだけでなく、記者を畑違いの閑職に追いやり、退職するよう工作
するくらいヘッチャラの言論弾圧機関がTBS


54:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 12:00:12.25 ID:WDGE15sZ0.net
こりゃ朝日逃亡するだろな
公開討論なんてやったら今までの悪事を全部バラされるw
朝日の評価なんてとっくに失墜してるからもう失うものもないだろ


59:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/01/30(月) 12:01:01.25 ID:t1aHG5Ra0.net
今まで何度も学者や作家、ジャーナリストが討論を申し込んでも拒否。
紙面に書いてあることがすべてです、でおしまい。
だから不買しかないんだよ。


08:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3632-ff2b51d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |