2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2017.04.08 (Sat)

韓国の公式文書を世界に拡散せよ

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50496192.html
2017年03月18日00:17


1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/16(木) 19:46:33.62 ID:CAP_USER.net

韓国では前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏の罷免が決定し、大統領選挙が行われることとなったが、これによってさらに混乱が増す可能性がある。

 保守系候補として期待されていた黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相が不出馬を表明したことで、次期大統領の最有力候補は最大野党・共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)氏となった。

 文氏は北朝鮮や中国を重視する人物であり、日米に対しては高高度防衛ミサイル(THAAD)配備や従軍慰安婦問題の日韓合意を破棄する姿勢だ。そのため、文大統領が誕生した暁には、韓国と日米の関係は最悪の状況を迎える可能性もある。

 慰安婦問題については、本連載の以前の記事で言及しているが、もうひとつ大事なポイントをお伝えしたい。
 2月、外務省はこれまで「少女像」と呼ばれていた慰安婦をモチーフにした銅像について、「慰安婦像」に呼称を統一すると発表したが、筆者はこれを「第五種補給品像」と呼ぶことを提唱したい。

 「第五種補給品」とは慰安婦のことで、朝鮮戦争当時、韓国軍は女性たちをドラム缶や鉄製の桶に入れて韓国軍、米軍、国連軍に慰安婦として「供給」していた。
 これは韓国軍の正式文書の中に「○○基地に第五種補給品を20缶供給」などというかたちで出てくる記述であり、韓国軍が慰安婦に対して使用していた正式名称である。

 慰安婦について語られるとき、よく日本統治時代に
 「女性たちがジープに詰め込まれて運ばれた」「旧日本軍によって拉致された」などといわれるが、高級品であるジープは当時ほとんど走っていなかった上、韓国軍が陣頭指揮をとって行っていたというのが事実なのである。
 さらに、前述したようなやり方は人権侵害どころでは済まされない話ではないだろうか。

 韓国では、日本総領事館前に慰安婦像を設置して慰安婦問題を蒸し返す動きがあるが、慰安婦像でも少女像でもなく、今後は第五種補給品像と呼ぶべきだろう。そして、そういった動きが広まれば、韓国にとっては非常に都合の悪い事態になると同時に日本にとっては交渉カードにもなり得る。

韓国の慰安婦像は慰安婦がモデルではない?

 また、そもそも慰安婦像とは慰安婦の姿を銅像にしたものではない。もともとは米軍車両に轢き殺された韓国の少女がモデルといわれており、本来は米軍を糾弾する目的でつくられたものだ。しかし、それがいつの間にか慰安婦の像として日本を責めるために使われているのが現実である。

 慰安婦像はアメリカのカリフォルニア洲グレンデール市にも設置され、同洲サンフランシスコ市やジョージア州アトランタ市でも設置の動きがあるとされているが、もともと米軍を批判するという性質がある以上、今後はアメリカでも韓国に対して強い反発が生まれる可能性もある。

 また、慰安所は日本統治終了後も1980年代まで韓国政府の管理下で設置されており、米軍を相手に多くの韓国人が売春を行っていた。そうした事情に鑑みる限り、慰安婦像をめぐる騒動は日本だけの問題ではないのである。また、日本統治時代の慰安婦は高齢化していてわずかしか残っていないが、米軍向けの慰安婦は比較的若いため、多くが存命中である。そのため、実は慰安婦問題は日本よりアメリカのほうが深刻化する可能性もあるのだ。

 こうした背景が周知されれば、今後は在韓米軍の慰安婦問題という新たな問題が噴出する可能性もあるだろう。

(文=渡邉哲也/経済評論家)

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18369.html
http://biz-journal.jp/2017/03/post_18369_2.html
http://biz-journal.jp/images/post_18369_1.jpg



4:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 19:50:37.77 ID:1p7kCShD.net
慰安婦じゃなく売春婦な、認めなよ韓国さん


19:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 19:57:36.20 ID:aL8Dj+6l.net
全面的に同意だが、

> 高級品であるジープは当時ほとんど走っていなかった

これはヘン。日本統治時代に、敵国の車両であるジープは存在すらしない。
「くろがね四起」を指すんだろうが、誤解を招くのでやめたほうがいい。


30:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 20:02:51.58 ID:I64rLNuw.net
この手の話題になると、戦前の慰安婦の大半を占めていた日本女性慰安婦と朝鮮戦争の慰安婦にも哀悼の意を捧げたいが
朝鮮人の大嘘ツキ婆さんを眺めていると悪いがちょっと引く。


54:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 20:19:59.14 ID:NbU6fR7Z.net
>>1
だからアメリカで建てられてる慰安婦像は碑文を変えればすぐに洋公主像や第五補給品像の反米像になると言ってるのにチョンに慰安婦像を作らせたアメリカが馬鹿なんだがw
あいつらは面従腹背が遺伝子までに染み込んでる信用ならない野蛮人だと何故ヤンキーは気付かないのだろうか?


65:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 20:29:40.44 ID:SykOLTLW.net
そもそも韓国が好き放題やってるのは
この事で米国を黙らせているため

それで米国は自分のことを棚に上げて「謝れば収めるってよ」とやってたのが今まで

米国にしてみれば自分達の悪事は隠蔽され悪いことをしていた日本に原爆を落としたのは正当な行為としたい訳だ


70:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 20:31:50.87 ID:JqtQLfqJ.net
日韓慰安婦合意は、米韓慰安婦合意じゃないからなぁ
だからアメリカに慰安婦像を建てたがるんだよね
アメリカに慰安婦賠償するために流用するつもりだから
あと不法アメリカ入国韓国人が目指す地になる、コリアンに優しい地域だから


77:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 20:39:25.65 ID:BfuFIFAT.net
朝鮮戦争当時、韓国軍は女性たちをドラム缶や鉄製の桶に入れて韓国軍、米軍、国連軍に慰安婦として「供給」していた

いやはや♪ 凄い話が出て来たじゃないかw
朝鮮民族の冷酷無比の残虐性は金正男暗殺にもよく現れている。「北朝鮮」だから、じゃないんだ。
今はもう世界中どこにもない暗殺虐殺を白昼堂々とやってのけるのはアフリカ大陸を除いて朝鮮民族しかない。


93:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 21:02:27.97 ID:w4z8f91u.net
慰安婦ばあさんは韓国軍慰安婦「第五種補給品」これが真実!
捏造で日本を貶め、不当な人権侵害を繰り返す韓国人に裁きを・・


107:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 21:39:17.10 ID:FyoAxyWz.net
世界中どこの国にも売春産業は存在するが、
それが国際問題になり国益を損ない国の品格を落とすまでの障害になっているのは韓国だけ。


114:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 22:00:12.43 ID:m6us95Sz.net
慰安婦ばあさんが現れはじめたのは1990年代になってからだし
朝日の記事が元ネタだというのは明々白々


128:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 22:27:07.06 ID:K8GdlMbd.net
・韓国の慰安隊は正規の軍組織。
・慰安隊は慰安婦の徴集までやっていた。
・統帥権持ってたのはアメリカ。利用してたのもアメリカ
・韓国陸軍後方戦史に書かれてるそうだが
・↑90年代に研究と閲覧を禁止。理由は”日本の右翼に利用されるから”w

何で日本批判してるんだろこいつら・・・


146:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/03/16(木) 23:50:36.16 ID:QBwcccj3.net
売春婦じゃなくて本当に補給品扱い
韓国軍がやってるんじゃん



08:08  |  韓国/ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3691-e18bba1a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |