2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.06.11 (Sun)

韓国大統領府「我々には国民に知らせる義務がある(ドヤ)」⇒公表した内容は『米韓軍事機密』

http://crx7601.com/archives/51405377.html
2017年06月02日09:00
1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 06:35:14.01 ID:CAP_USER
2017年5月30日、韓国経済によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が高高度防衛ミサイル(THAAD)情報の報告漏れに対する調査を指示したことが韓国で注目を集める中、THAADの発射台4基が慶尚北道の星州に新たに搬入されたとの事実を大統領府が直接発表したことをめぐっても論争が巻き起こっている。

韓国大統領府は30日、THAADの発射台4基が新たに搬入されたことを明らかにし、「国民に知らせる義務がある」と強調した。
韓国の国防部はこれまで、「軍事機密」との理由でTHAADの搬入時期や規模を具体的に発表してこなかった。

大統領府関係者は「文大統領は選挙の前から国会の批准手続きの重要性を強調するなど、THAAD問題については公に議論すべきとの立場を示していた」と説明した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179769&ph=0

▽オススメ速報
【国連の声】国連・薬物犯罪事務所(UNODC)事務局長、日本のテロ等準備罪法案の衆議院通過を歓迎


78: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 08:13:44.93 ID:OhEppRwi
>>1
ひんと①
韓国軍の戦時統制権はアメリカが持っている
韓国軍の戦時の総司令官はアメリカ

ひんと②
アメリカの軍事機密を容易く公表するような韓国大統領が信頼されるわけがない
今回公表したのはまだマシな方で最悪のパターンは北朝鮮にだけ伝えるパターン
ムンにはこれがありえた

ひんと③
韓国は国防をやめた方がいい
韓国軍は解体して在韓米軍は撤収して
ノーガード戦法でやっていくべき


12: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 06:51:27.17 ID:CTqEY7zR
>大統領府関係者は「米国と韓国の間で合意がなされているというが、今回の政府はその内容を継承していない」とし、
>「新たな政府と合意がなされなければならない」と主張した。
www


41: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 07:17:29.69 ID:pOUkaWNA
>>12
義務継承してないと言い張るなら、権利も継承出来ないのが理解できない朝鮮人だもんなあ。


13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 06:52:13.62 ID:l6wM0Ney
政権替わったらやっぱり約束は守らなくて良いって考え方なんだなw
こいつ等は国際社会に出て来るんじゃねえよと言いたい


30: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 07:06:50.16 ID:XN4UZcKm
あれ、韓国から米軍、少し撤退する話でてなかった?


61: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 07:40:27.99 ID:taXgavY1
>>30
アメリカが言うには機甲旅団戦闘団の入れ替えだけど
撤退ではないけど、どうみても縮小です。
約戦車90台がアメリカに引き揚げた


73: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 08:04:50.45 ID:fhJv8mqb
「国民に知らせる義務がある」
日韓基本条約、請求権協定についてもしっかり知らせろよ


08:08  |  韓国/ニュース  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3754-6dfb9b30

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |