2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.06.19 (Mon)

済州の公式謝罪は『実は日本には全く謝っていない』。謝罪すると非を認めたことになる

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50500062.html
2017年06月12日

1:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [HU]:2017/06/12(月) 11:32:27.45 ID:aewHZCbR0.net BE:306759112-BRZ(11000)

実は……済州側は日本には謝罪していない!?

2日後、日本の一部メディアは「済州側が公式HPを通じて謝罪」と報じたが、これについて少し細かく説明せねばならない。

確かに済州は2日付で「クラブ一同」の名義にて公式声明を発表した。
だが詫びたのは「済州ファンに対して」、「よい結果を残せなかった点」についてだ。

一連の事態については、遺憾の念を伝えるに留まった。

浦和に対しては「8強に進出した浦和レッズにお祝いの言葉を伝えます」「この先のACL、Jリーグの試合での幸運をお祈りします」と伝えた。

一方で、済州ファンに対する言葉としてこういった点も記している。
「クラブは自主的に映像、写真、陳述などを確保し、該当事件ならびに当時発生した浦和側の不適切な行動に対して積極的に対応することをお知らせします」
★自分たちが挑発された、と浦和を訴える。

AFCの規定でも映像、写真、陳述は証拠として使用できることになっている。

確かに試合中にピッチに乱入し、阿部勇樹にひじ打ちを食らわせたぺク・ドンギュが謝罪に訪れるという報道が出た。
これは当日あったふたつの事態のうちのひとつについての対処だ。

試合終盤の浦和コーナーキック後の乱闘、そして試合終了後の暴行。

前者は韓国国内でも大きな批判を受けていた。
この点は100%の非を認め詫びるが、かわりに後者は徹底的に対抗する。こういったスタンスだった。


日韓に横たわる「謝罪の文化」の違い。

事態を観ながら、感じるところはいくつかあった。

まずは謝罪の文化の違いだ。

「謝らない済州への怒り」は起きて当然でもあったが、ここへの批判にパワーを注ぐのはあまり有益ではない。

相手を弁護するということではない。

文化の違い、というものは“違うものは違う”というものだ。なぜ謝らないのかを論じるなら、博士論文にでも頼るしかない。


AFCが済州に下した処分を検証する。日韓サッカー騒動史に新たな視点を。
http://number.bunshun.jp/articles/-/828238

2:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [HU]:2017/06/12(月) 11:32:53.09 ID:aewHZCbR0.net

今回重要なことは、仲裁機関への主張だった。

謝罪の文化、というのは日本よりも朝鮮半島の方が“西洋的”だ。

謝るということは非を認めること。
出来る限り謝らないことを考える。
それは揉め事をまとめる最終手段。日本の“まずは謝るのが当然”、“その後に事情を説明する”という感覚とは違う。

今回の件でも韓国メディアの報道では(あくまで韓国側の言い分では)、試合後槙野を追いかけたクォン・ハンジンの「浦和の選手が『槙野が悪かった』と謝罪してきた」とのコメントがあった。「謝罪した」=「非を認めた」ということであり、これは相手にとってはツッコミどころということになる。もう言い出したらキリがない。

重要なのは、議論のベクトルをよりストレートにゴールに向けることだ。

今回の場合、仲裁機関(AFC)に相手への強い処罰を求めることだった。この点は筆者自身が即座に取り組めなかった点を反省するところでもある。

ルールはAFCの規定として文書化されているのだ。ここから逆算して物事を考えるべきだ。時間を置いてようやく、今回の件は2013年の東アジアカップ時(韓国での日韓戦で双方から政治的メッセージと取られかねない掲示物があった)と少し似た面があることに気づいた。こちら側にも指摘されうる部分があった点では「強く主張しきれない」のではないかと。


3:名無しさん@涙目です。(福岡県)@\(^o^)/ [CN]:2017/06/12(月) 11:33:39.78 ID:75Hcs8Vx0.net
いや日本でも非を認めることだから
さっさと非を認めろよってことだろうがクズどもめ


10:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US]:2017/06/12(月) 11:36:27.41 ID:1neGaa9m0.net
自分達の非を認めない為に相手のせいにして大声で罵るひたすら罵る
相手が反論をあきらめて黙るまで一方的に罵り続けて相手が黙れば勝ち
朝鮮半島の土人文化「声闘(ソント)」です


137:名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ [PL]:2017/06/12(月) 12:34:27.80 ID:nyapmqj5O.net
>>10
「相手が沈黙すれば勝利」だと思ってる奴結構いるよな
呆れてるだけなのに


19:名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ [CN]:2017/06/12(月) 11:40:10.46 ID:OwCEmE7/0.net
何が博士論文だよ
文化の違いも糞もない
国際基準だ謝れ


21:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ [CA]:2017/06/12(月) 11:41:05.31 ID:XF/neLdY0.net
いやもう世界が韓国の蛮行知ってるからね
んで謝罪も反省も知らない民族だからこれからも同じこと繰り返すだろ
結局韓国の評価ってのは上がることはなく下がる一方でしかないよ


41:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)@\(^o^)/ [HK]:2017/06/12(月) 11:47:26.41 ID:WDtsX7410.net
欧米だって悪い時には謝るよ
なにより謝罪とともに反省する
韓国の場合、謝ること自体プライドが許さないという謎の自尊心という文化
ほんと、日本人にしてみればめんどくさい国民性


71:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)@\(^o^)/ [HK]:2017/06/12(月) 11:58:51.47 ID:WDtsX7410.net
>試合後槙野を追いかけたクォン・ハンジンの「浦和の選手が『槙野が悪かった』と謝罪してきた」とのコメントがあった。

これ初めて見たけどホント?


74:名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [SE]:2017/06/12(月) 12:00:04.53 ID:YQpqfUA10.net
福沢諭吉先生ですら匙を投げたんだぞ?
一般人が上手く付き合えると思うなんておこがましい。

津波の石碑を無視したのと同じレベル


116:名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/06/12(月) 12:28:28.12 ID:xVn/pvk+0.net
朝鮮人は謝ると死ぬ病気に罹ってるんか?


127:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [CN]:2017/06/12(月) 12:30:07.26 ID:OkCVq/fr0.net
>>116
実際かかってるよ。
謝罪してその場で心筋梗塞とかよく聞く話

それぐらいあいつらにとっては屈辱
だから日本に延々と謝罪を求めて来るんだよ
逆に言えば最高の快楽だからな。
麻薬なんてもんじゃねえんだと思うぞ


136:名無しさん@涙目です。(中部地方)@\(^o^)/ [DE]:2017/06/12(月) 12:34:25.53 ID:w8GEblWD0.net
いや、普通に非を認めろよ。



08:08  |  韓国/スポーツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://2008rinnoboyaki.blog8.fc2.com/tb.php/3763-7093d2e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |